BTCアドレスを生成するジェネレーター

bip32ハードウォレット

BTCアドレスを生成するジェネレーターを発見しました。

これを使えば簡単にBTCアドレスを作ることが出来ます。

使い方について調べてみました。

BIP32ジェネレーター(アルファ!)

BIP32 - JavaScript Deterministic Wallets
bitcoin address generator

BIP32ジェネレーター(アルファ!)の使い方

パスフレーズは、入れたいワードを入力してBTCアドレスを生成することが出来ます。

パスフレーズは、50,000ラウンドのHMAC-SHA256を使用してハッシュされます。

その場合だと解読される可能性が高まりますので、注意して使いましょう。

秘密鍵はQRコード表示ができるので、ハードウォレットで読み取りができます。

 

Mnemonic Code Converter

BIP39 - Mnemonic Code
bitcoin mnemonic converter

Mnemonic Code Converterの使い方

3・6・12・15・18・21・24の文字数を決められます。

短い場合だとハックされる危険性大なので、24ワードがおすすめです。

エントロピーなど詳細設定もできます。

English 日本語 Español 中文(简体) 中文(繁體) Français Italiano 한국어 Češtinaに対応しています。

 

Mnemonic Languageをクリックすれば即生成されます。

秘密鍵や公開鍵はQRコード出力ができるので、ハードウォレットでの読み込みが可能です。

 

危険性はある

BTCジェネレーターを紹介しましたが、このサイト自体が汚染されている場合だとそのまま資金を抜かれる可能性もあります。

秘密鍵は宇宙の座標よりも多いのでほぼ解読不可能と言われていますが、今後どうなるかは分かりません。

 

取引所で保管してトレードしない場合は、ハードウォレットに保管しましょう。

ただ、無限にアドレス生成できるので毎回使え変えても良いかなと思います。

複数に分けて保管するのがおすすめです。

現在私は5つのハードウォレットを所持していますが、残高はないです。

 

日本の場合は、必要に応じて作り、必要な時に使うという考えで良いと思います。

使う時は自己責任で行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました