cobo社のハードウォレット【Cobo Vault】を買ってみた(未完)

cobo社のハードウォレット【Cobo Vault】を買ってみた(未完)ハードウォレット

ハードウォレットCobo Vault Essentialをついに買ってみました。

仮想通貨は、取引所やwebウォレットに保管していると盗まれる可能性があります。

そのために仮想通貨を安全に保管できるハードウォレットが必要になります。

 

 

 

 

今回は、Cobo Vault Essentialを買って使ってみた感想を書いてみました。

https://shop.cobo.com/?rfsn=4275691.bf17c5&utm_source=refersion&utm_medium=affiliate&utm_campaign=4275691.bf17c5

 

Cobo Vault Essentialとは?

Cobo Vault Essentialは、中国にある会社coboが開発したハードウォレットです。

ステーキングとマスターノードの報酬を提供する世界で最初のウォレット会社です。

cobowalletCobo Vaultの2種類が存在しています。

さらにCobo Vaultは、3種類のタイプに分かれています。

 

後から知りましたが、ハードウォレットに保管しながらステーキングはできなく、対応しているコインもかなり違うので、購入の際は良く検討してみてください。

 

 

私は、Cobo Vault Essentialを購入しました。

Cobo Vaultの基本性能は?

・EAL 5+セキュアエレメント

・BIP32、BIP39、BIP44準拠のファームウェアはオープンソース

・BTCのみを保管できる機能

・MicroSDカードファームウェアのアップグレード

Cobo Vault EssentialProCobo Vault ProCobo Vault Ultimate
価格99ドル149ドル479ドル
エアギャップQRコード通信
安全な要素
4インチのタッチスクリーン
取り外し可能なバッテリー単四電池のサポートAAAバッテリーサポート+充電式バッテリー充電式バッテリー
指紋センサー
自己破壊メカニズム
IP68防水
IK09耐衝撃性
米軍規格MIL-STD-810G
航空宇宙用アルミニウムボディおよびケース

 

対応コイン

BTC、ETH、BCH、DASH、LTC、ETC、TRX、EOS、USDT、XRP、XZC、IOST、DCR

ETH、EOS、TRXトークン

今後アップデートで更にコインは増えていきます。

 

 

 

Cobo Vaultの買い方

Cobo Vaultは、公式ページから購入ができます。

「cobovault」を選択して、欲しいタイプをクリックします。

「Add to cart」をクリックすると注文画面が表示されます。

 

・Contact information

・Shipping address

メールアドレス、名前、住所を入力後「continue to shipping」をクリックすれば注文が完了します。

 

英語住所翻訳は、JuDriessがおすすめです。

 

PayPalを通してクレジット決済にしました。

直接クレジット決済だとなんとなく危ないかなと思ったため。

送料は、500円(遅い)と1,500円(早い)があり、1,500円だと1週間ぐらいで届きました。

 

実際の使用感

 

Cobo Vaultの箱は、黒くて上質感があります。

大きさは、スマートフォンより少し大きめです。

箱は、セキュリティシールで封印されています。

これが剥がされていたり、破れていると危険です。必ず確認しましょう。

 

問題がなければ、完全に初めて使用する事を意味しています。

 

箱の中身は、本体、パスカード、シール、充電ケーブルが梱包されています。

必ずパスカードに秘密鍵を記入しましょう。

パスカードに記入した単語は、自分でしっかりと管理しましょう。

これを紛失すると絶対に復元ができず、保管されている仮想通貨を失うことになります。

 

説明書は、英語と中国語なので公式のユーザーサポートを翻訳して設定を行いました。

最初にWeb認証をして、間違いなく未使用なのを確認しましょう。

あと、カメラの認識が悪いと思ったのですが、かなり近づければ認証されました。

画面に表示される枠は、無視して使う必要があるので、注意してください。

24ワードのリカバリフレーズが間違いなくおすすめですが、必ず紙に書きましょう。

 

【画像あとで用意するよ】

 

スマートフォン用のアプリ画面です。

 

QRコードが表示されるので、受信も簡単です。

仮想通貨アドレスは、複数管理できるので分散させたり追跡を困難にすることもできます。

 

送金や受信の記録が瞬時に見えます。

 

まとめ

仮想通貨を安全に保存するのは、ハードウォレットがおすすめです。

Cobo Vaultなら持ち運びも楽で、かっこいいです。

ただ、約10,000円以上するので値段が高いですが、セキュリティは万全です。

まだハードウォレットを買っていない人はぜひ買ってみてはいかがでしょうか。

 

https://shop.cobo.com/?rfsn=4275691.bf17c5&utm_source=refersion&utm_medium=affiliate&utm_campaign=4275691.bf17c5
タイトルとURLをコピーしました