仮想通貨を保管するハードウォレットの24パスフレーズを守る【cobotablet】コボタブレットを買ってみた

仮想通貨を保管するハードウォレットの24パスフレーズを守る【cobotablet】コボタブレットを買ってみたハードウォレット

仮想通貨を取引所に置いておくとハッキングされた場合、仮想通貨を失う可能性があります。

これは株式などと違い、仮想通貨は盗難の保証が無い為です。

普段はハードウォレットに保管し、取引するときに仮想通貨を移動させるのがベストですが、意外とめんどくさいです。

ですがハードウォレットには、24、12のパスフレーズがあり、そのパスフレーズを忘れると二度とその仮想通貨を手にすることができないなど、メリットやデメリットがあります。

ハードウォレットはあくまでも、仮想通貨が目で見える状態です。

実際は24、12パスフレーズから生成されたものになります。

なので、この24パスフレーズさえ覚えていればどこでも復元が可能です。

反対に24パスフレーズの1単語でも忘れたら、二度と仮想通貨を手にすることが出来ないです。

通常は、紙などに書いて大事に保存しておくのがベストですが、【cobotablet】コボタブレットを使えば燃えても、濡らしても大丈夫な完璧にパスフレーズを残せる物になります。

前回ハードウォレットの【cobovauil】を買った後に、これも必要では?と思い買いました。

仮想通貨を保管するハードウォレットの24パスフレーズを守る【cobotablet】コボタブレットを買ってみた

 

【cobotablet】を買うと実際にパスフレーズを安全に保存できるかを検証してみました。

ハードウォレットを持っているなら、ぜひ持っていたい物です。

 

【cobotablet】とは

coboが作った持ち運びができるパスコードを安全に保存できる代物です。

全ての文字とネジなどが304グレードのステンレス鋼で作られています。

耐火と防水仕様なので、紙よりもはるかに安全にパスフレーズを保存できます。

BIP39ウォレットと互換性があります。

このリンクにあるパスフレーズ2048から24パスフレーズが選ばれているので、逆に言えばこの24パスフレーズの組み合わせで、ほかのウォレットにアクセスできるのでは?と思いましたが、たしか何超通りぐらいあるので、実際に保存されているウォレットにアクセスする事は本人以外ほぼ不可能です。

耐火性能

1399〜1455℃/ 2550〜2651°Fの耐火限界で破壊されないように設計されています。

住宅火災は815℃/ 1500°Fなので、家事の時でも安全にパスフレーズが保存されています。

家事の場合は、これだけ持って逃げましょう。

耐食性

304グレードのステンレス鋼で、水、塩、酸に対する耐性があります。

箱に入れたままですが、とくに錆とか発生していないです。

この304グレードは、ステンレスの強度や成分などを表しており、かなりの耐性があるようです。

スペック

外形寸法105mm X 60mm X 80mm

重量248 g

素材304グレードのステンレス鋼

 

実際に手に取るとかなりの重さがあります。

大きさ的には、iphoneより少し大きい感じで小さいのですが、iphoneよりはるかに重いです。

ハードウォレットの【cobovauil】よりはるかに重いです。

文鎮みたいな感じです。

落としても傷つかないですが、思いっきり落とせばへこむかもしれないので大切にしましょう。

実物の写真

cobotablet

箱に入って本体とドライバーとパスフレーズ用のアルファベットが届きます。

ドライバーが小さいので、ネジはなめらないように慎重に回しましょう。

cobotablet2

表面にはcoboマークがあります。

シンプルでステンレスな綺麗な感じです。

cobotablet3

スライドさせるとパスフレーズが見られるようになります。

12、18、24ワードのニーモニックフレーズを保存できますが、必ず24パスフレーズにしましょう。

12や18だとはるかにハッキングされる可能性がありますが、24だとそれだけでハッキングされる可能性が下がります。

ただ、24パスフレーズで1単語でも違うと使えなくなるので、紙にも念のため記載して保存したほうがいいです。

 

ハードウォレット【cobovauil】だと、最初の4文字で識別できるようになっています。

ほかのハードウォレットでもBIP39に対応していれば大丈夫だと思いますが、ほかのハードウォレットやBIP39対応じゃない場合は、必ず4文字以上のパスフレーズも保管しておきましょう。

 

組み立てるときに1つずつアルファベットをはめていくのですが、この作業がかなり時間が掛かりました。

1文字ずつ確認して完成後、一度リセットして復元できるかを確認しました。

絶対に復元できるかを確認しましょう。

仮想通貨を入れてウォレットが復元できなければ全て無駄になってしまいます。

まとめ

ハードウォレットのパスフレーズを保管するなら絶対に買うべきです。

このcobotabletお値段なんと$39で買えます。

ほかにも探すと同じようなものが出てきますが、cobovauitと一緒に買うならこれがおすすめです。

ステンレスでシンプルデザインでかっこいいです。

値段も安く、紙よりも確実に安全なので一度見てみてください。

タイトルとURLをコピーしました