SafePal(ハードウェアウォレット)が必要な理由

ハードウォレット

SafePal(ハードウェアウォレット)が必要な理由は2つあります。

 

  • 仮想通貨を自分で管理できる
  • SFPトークンを保有するとWHOに参加できる

 

仮想通貨を自分で管理できる

仮想通貨を管理するウォレットは、ホットウォレットとコールドウォレットがあります。

ホットウォレットは、インターネットに接続されているものです。

コールドウォレットは、インターネットに接続されていないものです。

 

SafePalは、コールドウォレットになります。

コールドウォレットは、基本的に安全に秘密鍵を保管できます。

 

SafePal(ハードウェアウォレット)の特徴

SafePalのアプリは、10,000以上の暗号通貨を保存、購入、管理、交換、取引できます。

 

安全に回復キーを保存しているので、ハッキングに合う確率は低いです。

 

Bluetooth、WiFi、NFCなどを使っていないので、完全にインターネットから隔離されています。

 

QRコードを使うのでトランザクションを改ざんをできないようになっています。

 

ドイツのBSIのAIS31標準と、米国政府のコンピュータセキュリティ標準のFIPS PUB140-2標準の両方で認定された乱数ジェネレータを使用しています。

 

仮想通貨をクレジットカード、銀行口座、iDEAL、Bancontact、EPS、Giropay、Sofortbankingで暗号を購入できます。

 

Dappをワンクリックで接続ができます。

 

 

SFPトークンを保有するとWHOに参加できる

SFPトークンは、Binance Smart Chainに基づく分散型デジタル資産で合計供給量は500,000,000あります。

 

SFPトークンを保有する

 

料金と割引
ユーザーは、SafePalハードウェアウォレットやSafePalスワップなどのSafePal製品およびサービスの割引にSFPを使用できます。

ボーナスプログラム
SafePalユーザーは、SFPを利用して特別クーポンを請求し、SafePalの獲得および貸し出しプログラムで追加の利回りを楽しむことができます。

報酬とインセンティブ
SFPトークン所有者には、エコロジカルパートナーからのトークンエアドロップ、ステーキング報酬、限定されたSafePalNFTなどのインセンティブを享受する特権があります。

コミュニティガバナンス
SFPトークン所有者は、提案を作成し、SafePal製品に新しいブロックチェーンを追加するなどの新機能に投票することができます。

 

WHOに参加する事でエアドロップを受け取れます。

今回のWHOでもらえたTKOは、2,700倍になりました。

現在SFPトークンは、300円前後で取引されています。

 

 

SafePalは安くておすすめ

SafePalは、39.99ドルで購入ができます。

WHOに参加するだけでそれ以上の価値があります。

取引所に放置するとハッキングされたりする可能性もあります。

仮想通貨を安全に保つならSafePalをおすすめします。

 

タイトルとURLをコピーしました