SafePalトークン(SFP)セーフパルの概要

SafePalはもう買いましたか?

仮想通貨を安全に保管するならSafePalがおすすめです。

ハードウェアウォレットで初心者の方も操作がしやすいです。

日本語のサポートもされています。

SafePalトークン(SFP)についてまた、まとめてみました。

 

SafePalトークン(SFP)とは

SafePalトークン(SFP)とは、SafePalTokenの略で、SafePalエコシステム全体に燃料を供給するユーティリティトークンです。

SafePalトークン(SFP)は、Binance Smart Chainに基づく分散型デジタル資産であり、SafePalによって発行された合計供給量は500,000,000だけです。

Binance Smart Chain

 

2021年4月22日現在

ホルダー数は78,494名
価格は約220円
時価総額は1,108,135,659.35ドル

ウォレットホルダーオファリング(WHO)とは

SafePalトークン(SFP)を保有する理由は、ウォレットホルダーオファリング(WHO)に参加できる権利がもらえます。

ウォレットホルダーオファリング(WHO)とは、一定数のSafePalトークン(SFP)を保有しているとエアドロップがもらえます。

バイナンスで上場予定の仮想通貨がもらえるので、絶対に上場する仮想通貨が手に入ります。

SafePalトークン(SFP)の保有数が多ければ、それだけエアドロップの量も増えます。

エアドロップのイベントに参加する場合は、公式ページやツイッターでチェックしてみてください。

 

SafePalトークン(SFP)が上場している取引所

  • Binance
  • Gate.io
  • MXC.COM
  • OpenOcean
  • VCC Exchange
  • Hoo
  • HitBTC
  • PancakeSwap
  • Giottus

今後はさらに上場が進むかもしれません。

 

SafePal S1ハードウェアウォレット次の出荷は5月31日

SafePal S1ハードウェアウォレット次の出荷は5月31日です。

購入者が増え、半導体の価格が上がり、生産が追い付いていない状態です。

少し前は購入したら2週間ぐらいで到着しましたが、今後は到着がさらに遅くなるかもしれません。

私は、昨日SafePal Cypher Seed BoardとSafePal Leather Caseを買いました。

これで万が一の火災や水害でも安心ですね。

こちらは到着したらレビューをしたいです。

 

SafePalトークン(SFP)は買うべき!

SafePalトークン(SFP)は、買うべきだと思います。

少なくともSafePal S1を使うなら100SFPを保有するのが良いかもしれません。

もしくは10,000円分だけ購入するのも良いかも。

BNBとSFPは少量でもあると便利です。

SafePalトークン(SFP)は、Binance Smart Chainなので送金手数料がBNBで掛かります。

タイトルとURLをコピーしました