Scan All Ethereum Private Keys

ハードウォレット

イーサリアム(Ethereum)の秘密鍵と公開鍵を1秒間に20個検索して、残高がある場合一覧で表示がされます。

このようなサイトを仮想通貨ファインダーと呼ばれています。

今回はその1つであるETHのサイトをご紹介します。

このサイトを使うことで生じるセキュリティや違法性などを配慮して利用してください。

秘密鍵およびプライバシーキーの入力はしないでください。

確実に危険性があります。

 

Ethereumscanの使い方

Ethereumscan

検索では、プライバシーキーやアドレスを検索できます。

絶対に自分のプライバシーキーの入力はやめてください。

確実にハッキングに合う危険性があります。

 

このアドレスにあるバランスの確認ができます。

 

プライバシーキーを入力しても確認ができます。

 

ランダムや決めた番号からの検索ができます。

 

スタートを押すと自動で検索が始まります。

1秒間に20個のアドレスをスキャンできます。

 

バランスがあるアドレスが下に表示されます。

実際に残高を確認するとイーサリアムのほかにERC-20トークンがあります。

トークンがあってもイーサリアムがなければ検索されません。

 

このサイトの危険性

セキュリティが低い場合には、ETH残高があったりトークンがあったりしますが、イーサリアムを送信するとハッカーが同時にイーサリアムを引き出します。

トークンが時価40万円相当がありますが、絶対に引き出せません。

このような脆弱性があるプライバシーキーはほとんどの場合ハッカーの手に落ちています。

数量のイーサリアム残高があるアドレスもありますが同じことです。

 

このサイトで学んでほしいこと

このようなサイトはたくさんあります。

BTC、ETH、LTCなど多くのサイトがあり、ツールの公開もされています。

 

全てのスキャンができれば全てのイーサリアムを手に入れる事もできます。

しかし宇宙より多いイーサリアムのアドレスの残高があるものを見つけられる確率は、砂漠に落ちた砂金を探すのと同じです。

そして、発見した場合その残高を引き出せば・・・

 

このようなサイトがあっても解読に数十万年かかります。

ハッキングされないようにハードウォレットで秘密鍵を管理しましょう。

簡単に推測ができるプライバシーキーに意味はありません。

 

まとめ

イーサリアムスキャンではランダムに秘密鍵と公開鍵を1秒間に20個検索ができます。

使い方はスタートを押すだけです。

残高があるバランスを発見する確率はほぼ0に近いです。

秘密鍵は必ずコールドウォレットで管理しましょう。

コールドウォレットに関する記事は、私の他の記事を見てください。

タイトルとURLをコピーしました