仮想通貨SafePal(SFP)とハードウェアウォレットSafePal Wallet S1について

仮想通貨SafePal(SFP)は、WHOに参加できる仮想通貨です。

SafePal Wallet S1は、取引所や販売所で買った仮想通貨を自分で管理できるハードウェアウォレットです。

仮想通貨を利用している人はよく聞くワードですが、仮想通貨を知らない人にはまだあまり知られていません。

今回は、仮想通貨SafePal(SFP)とハードウェアウォレットSafePal Wallet S1について解説します。

 

仮想通貨SafePal(SFP)

名称SafePal(SFP)
公式サイトSafePal公式
時価総額$213,643,379
24H取引高$62,914,820
循環供給量108,166,667
最大供給量500,000,000

過去の価格では、80円~350円でした。

 

 

 

SafePal Wallet S1(ハードウェアウォレット)

SafePal画面

ハードウェアウォレットとは、仮想通貨をハッキングから守るものです。

仮想通貨は基本的にインターネットに接続されているため、ハッキングされる危険性があります。

過去には、国内取引所でのハッキングやハッキングされて閉鎖された取引所もあります。

ハードウェアウォレットは、インターネットに接続されていない状態で仮想通貨を安全に保管します。

ハードウェアウォレットは他にも複数ありますが、今回はSafePal Wallet S1について紹介します。

 

SafePal Wallet S1は、本体を買う必要がありスマホで仮想通貨を表示できます。

本体がなくてもSafePalのアプリだけでも使えるので、まずはダウンロードしてみてください。

SafePalのアプリは、10,000以上の暗号通貨を保存、購入、管理、交換、取引できます。

 

 

SafePal Wallet S1があると、クレジットカードを使い仮想通貨が買えます。

通常だと日本の取引所や販売所で仮想通貨を買い、海外取引所でほかの仮想通貨を買うことが多いです。

SafePal Wallet S1があるとその手間が省けて、買った仮想通貨をそのままSafePal Wallet S1に保存ができます。

 

SafePal Wallet S1(ハードウェアウォレット)の特徴

SafePalのアプリは、10,000以上の暗号通貨を保存、購入、管理、交換、取引できます。

安全に回復キーを保存しているので、ハッキングに合う確率は低いです。

Bluetooth、WiFi、NFCなどを使っていないので、完全にインターネットから隔離されています。

QRコードを使うのでトランザクションを改ざんをできないようになっています。

ドイツのBSIのAIS31標準と、米国政府のコンピュータセキュリティ標準のFIPS PUB140-2標準の両方で認定された乱数ジェネレータを使用しています。

仮想通貨をクレジットカード、銀行口座、iDEAL、Bancontact、EPS、Giropay、Sofortbankingで暗号を購入できます。

Dappをワンクリックで接続ができます。

 

まとめ

気が向いたら書く!

 

タイトルとURLをコピーしました